未分類

脱毛することで起きる弊害

投稿日:

ムダ毛を毎日剃るのが面倒で、手間や時間がかかる自分でのお手入れから解放されたいという人は多く、わずらわしさから脱毛を決意する人がたくさんいます。脱毛すると、ムダ毛が目立ちにくくなるので、お手入れがとても楽になり、施術回数を重ねると肌がつるつるになってきて、お手入れがいらなくなる人も多く、ムダ毛を剃らなくても良くなるので、肌がきれいになり、時間や手間もかからず快適に過ごすことができるようになるというメリットがあります。

脱毛をするときに、心配になるのが弊害です。ムダ毛が目立ちにくい美しい肌になるだけなら良いのだけれども、何か弊害があるならカミソリで剃ることを選びたいという人もいると思います。脱毛には、黒い色素に吸収されて熱になる性質の光を使います。

毛根は根元に近くなるほど太くなるので、毛に含まれる黒いメラニン色素が多く、毛根の根元部分に光が多く吸収されて、まとまった熱が生じます。この熱のエネルギーで、毛根の下の方にある毛を作る働きの細胞にダメージを与えて、毛を作る働きを衰えさせるというのが脱毛の仕組みです。

光には、ムダ毛に含まれるメラニン色素とだけ反応するため、瞬間的に熱さや痛みを感じることだけが弊害で、熱さや痛みは、瞬間的になくなります。肌の他の部分に弊害はなく、安全性が高い方法なので、肌が弱い人でも安心して施術を受けることができます。脱毛をするときに心配になるような大きな弊害はありません。

-未分類

Copyright© 松山で人気の格安脱毛サロン , 2019 AllRights Reserved.