未分類

なぜ脱毛後、まだらになってしまうのか

投稿日:

なぜ脱毛した後に、まだらになってしまうのか。これは毛の周期が関係しています。毛の周期というのは4つに分類されており、「成長初期・成長期・退行期・休止期」があります。

毛の周期というものを知ることはとても大事です。毛の周期は1本1本違ってきます。

全て範囲で決まってるいうわけではありません。脱毛の照射時期に1番適しているのは成長期です。成長期というのは、成長初期に中から栄養をもらい、毛根から栄養を受け肌の外へと毛が出てきます。

サロンは黒い物体に反応してそこへ照射します。照射することにより毛から毛根に刺激を加え抜けやすくなります。

そのため成長期に行う事により毛が抜け、効果が実感できるのです。しかし、脱毛の時に退行期であったり、休止期であったりすると、その部分に照射しても刺激を加えることができません。そのため、そのまま新しい毛が生えてきます。

そしてまだらになってしまうのです。じゃあその周期はわかるのかというとわかりません。

退行期は外からは成長期と変わりませんが、中は毛根と繋がっていないため判別が難しいのです。そのため脱毛は何回も行う事によりまだらを防いでいくのです。しかし、周期によってではなくまだらになってしまうこともあります。

それは照射漏れです。照射漏れだとそこの一部分が固まって毛が残ってしまいます。

これはサロンのスタッフの技術の違いだと考えます。照射漏れは少なくなく、一部分だけ残ってしまったというのもよくあります。この2点の違いは照射漏れは一部分が固まって残る。

毛の周期は団体ではなく1本1本違うところにあるという形です。ぜひ参考にしてください。

-未分類

Copyright© 松山で人気の格安脱毛サロン , 2020 AllRights Reserved.