未分類

脱毛で水ぶくれになることもある

投稿日:

脱毛はやり方によっては火傷を起こして水ぶくれになることがあるので注意が必要です。光脱毛やレーザー脱毛は光を毛根に吸収させ、この熱でダメージを与えますが、皮膚に対して照射を行うので皮膚も熱を持ちます。この熱が高くなりすぎると火傷になって水ぶくれになります。

家庭用脱毛器で処理を行う場合でも最大出力は火傷する危険性のある高さになるため、調整を行う際には低い方から少しずつ上げていく必要があります。また、口コミなどでは皮膚を冷却しなくても問題ないというものもありますが、皮膚の強さは人それぞれなので冷却せずに処理を行うのは危険です。

面倒でも必ず冷却ジェルを塗るなどしなければなりません。皮膚の部位によっても強さは異なり、色素沈着している個所は光の吸収率が高くなって火傷しやすくなるので、出力を抑えなければなりません。エステやクリニックで脱毛を行う場合でも、経験の浅い施術者が担当することもあるので安全とは言い切れません。

医療機関と提携しているエステやクリニックであれば火傷しても処置を行えますが、色素沈着が残ることもあるので、処置できれば安心ということではありません。適切な出力調整を行えるように、本番の処理を行う前にテスト照射を行い、異常が起きないか経過を確認するようなところを選ぶようにします。

また、施術中に他の部位と比べて強い痛みを感じたときには火傷している可能性があるので、申告してすぐに処置してもらいましょう。

-未分類

Copyright© 松山で人気の格安脱毛サロン , 2019 AllRights Reserved.