未分類

エステサロンでてんかんの方が脱毛できない訳

投稿日:

エステサロンでは、最初にカウンセリングを受けるときに今治療を受けている病気があるかどうかや、服用している薬があるかどうか、既往症があるかどうかといった健康の状況を詳細に尋ねられることになります。病気や服用している薬により脱毛の施術を受けることができないことがあるので、エステサロンにとって持病があるかどうかを把握しておくことは重要なことになります。

持病の中でもてんかんは、エステサロンで施術することができない病気となります。てんかんの発作が起きる原因は、脳が発する電気信号が乱れることであり、お肌やムダ毛など施術に直接関わる病気という訳ではありません。しかし、てんかんは、熱や光などといった刺激に対して過剰な反応を引き起こす光感受性発作や身体の外側から与えられる刺激や、熱によって起こる熱性けいれんといった症状が現れることがあります。

エステサロンで使用している脱毛マシンがフラッシュのような光を発したり、脱毛の施術のときに、伝わる熱の刺激を与えたりすることは、てんかんの発作を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。発作はひどくなると呼吸障害を引き起こしたり、脳の機能に深刻な悪影響を与えてしまったりするので、迅速に処置する必要があります。

ところが、エステサロンは医療行為が行えないので、脱毛の施術を施しているときに発作が引き起こされたときに、適切な応急処置を行うことができません。そのため、てんかんの持病がある人はエステサロンで脱毛の施術を受けることはできないことになります。

-未分類

Copyright© 松山で人気の格安脱毛サロン , 2020 AllRights Reserved.